読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

士業事務所のweb担当が学んだこと

税理士事務所に勤めるウェブ担当者が日々の業務で学んだノウハウを公開するブログです。士業事務所の集客に使えるマーケティングやウェブ制作のノウハウを実際に中で働いているからこそ分かる視点を交えてお伝えします。

少額弁護士保険が話題に。電車で冤罪に巻き込まれた時のヘルプコール付き

f:id:h_kagawa:20150917131441j:plain

最近、自分の周りでこの保険が話題になってます。痴漢冤罪について、実際に被害に合われてる方のことを考えるとしょうがないかなと思う部分も大きいですが、過剰なまでに守られていると感じる人もいるでしょうし、自分の身を守るために苦労してる人がおおいんだなぁと感じます。

Facebookのタイムラインで弁護士保険が話題になってた

今は、電車通勤をしていないので対岸の火事という気分でタイムラインを眺めてたんですが、痴漢冤罪などで弁護士に連絡ができる保険のことが話題になってました。

 

男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険

 

会計事務所の顧問先の経営者さんは電車通勤をしている人は多くないと思うので、ドンピシャというわけではありませんが、話題にはなるかもですね。

 

むしろ職員に売れそう...。

 

満員電車は女性も大変だと思いますが、男も苦労が多いものです。昔は僕も電車通勤をしていたので両腕上にあげて電車に乗ってたこともありましたねぇ。

 

冤罪に会った時にどう対応したら良いのかはよく分かっていません。名乗らずに逃げたほうが良いなんて意見も多いです。

 

この保険はそんないざという時に弁護士に電話して対応を相談できるサービスが付いた保険。

 

保険の内容的には、無料の弁護士相談と、実際に弁護士に仕事を頼んだ時にかかった費用の補償、それと相手に損害賠償が必要になった時の個人賠償責任保険がセットになってました。

 

私の友人関係では、月数百円の負担なら入りたいという人が多かったんですが、月額590円ということなので、入る人も多いかもしれませんね。

 

弁護士費用は300万、個人賠償は1,000万ということで、実際にことが起きた場合、補償額が十分かどうかは議論の分かれるところかと思いますが、いいところに目をつけた保険だと思いました。

 

困っている人がいて、それを解決するサービスがない=ブルーオーシャン

 

商品内容も分かりやすいし、売れる気がしますね~。